昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。ITの事も時々書きます。

人生

「いわくつき」に翻弄される日々~引越し顛末記 その4~

以下は私の新居のお話。。。 ・前に住んでいたご老人がボケがひどく なってしまい、徘徊をするようになった ため施設に収容された。当時の部屋の中が どうなっていたかは想像つかず。。。 (ってかもう想像したくない。。。) ・リフォームを依頼した業者がお…

鳴らない筈の家電が鳴る恐怖~引越顛末記その3~

これが引越当日の情景である。 この後「リアル倉庫番」のような箱と什器が 山積みになった新居で徹夜して必死に箱出し したのは、一にも二にも 「翌日にCATV&インターネット&電話の工事」 があったからである。 一晩でなんとかここまで持ち込んだ^^; か…

引越業者は慎重に選ぼう~引越顛末記 その2~

怒濤の引越から約2週間経った。。。 いまでも思い出すのは引越業者の 「客を面倒くさい奴と見下さす態度」 満載のモラハラっぷりである。 依頼人を 「バカじゃねーのか?!このうすのろが!」 という表情で終始 「丁寧な言葉で罵る口調」 はただでさえ肉体的…

引っ越しする時に一番大事な事~引越顛末記 その1~

新居への引っ越しから1週間経ったので 改めて引っ越しの事を書いてみよう。 引越をする上で一番大事な事はなにか? それは 「如何にモノを捨てられるか?」 なのである。 言い換えれば 「どれだけ新居にモノを持っていかないか?」 となる。 私の場合、仕事…

通勤手当のない仕事をしていて気がついたこと

先日の日曜日、翌日からの通勤用の定期を 最寄り駅で購入した。 なんと、前に住んでいた家からの定期代の 約半額で購入でき、通勤時間については 約1/3である片道約30分に短縮された。 今回引っ越しをするにあたって課題に していたことのひとつに 「通勤…

明日いよいよ引っ越しです。

現時点で箱積み全く進まず。。。 ということでやはり「徹夜」になりそうだ^^; 思えば東京都杉並区に20年住んでいた。 ある意味実家のあった東京都北区よりも 思い出深い場所になった。。。 色々あったな~。。。(とおいめ) 新天地ではどんな事があるのや…

持ってる本はその人を表すらしいので公開してみる

週末に引っ越しなので、引っ越し先での 復元をするエビデンスとして改めて写真を 撮ってみた。 先ずは全体。。。 右側 真ん中 右側 見ての通り、6割が占い本で3割がサブカル本 残りの1割が文庫本・マンガ・天然石である。 ある意味私らしさ出まくりかもしれ…

人との別れに見る偶然~美容室は相性が大事~

週末に引越しを控えている私であるが 当然、別れもある。 思えば今の場所に20年住んでいたのだから 思いも強い。 その中でも長く関わっていたお店の一つが 美容室である。 元々床屋さんに行っていた私だったが どうも平たい頭のカットにされてしまうので 友…

引越しの見積を取ろうとしたら電話攻撃で辟易~賢い引っ越し業者と廃棄業者の見分け方~

やっと引っ越し関係の手続きが落ち着き今後は 頭脳労働から肉体労働へと切り替わり、更には 「とにかくどれだけ断捨離できるか?」 の見切り勝負に入ってきた。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 ここまで来るには、色々あった(イロ〇ロではない) まず、今回…

私を占星家に導いた人のお話

私は姓名判断と易については師匠がいるが 四柱推命に関しては、20年以上前から独学で 学んだので、特定の師匠はいない。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 私に四柱推命の世界を導いた人は実は2人いる。 一人は妹で、もう一人は妹に紹介された 早坂周鴻さんで…

ほうげつあきよしが痩せるくらい苦手な食べ物達

なんか自分の大嫌いな食べ物を紹介する のが流行りになっているようなので、ならば アタシも乗っかってみよう(笑) 1.梅干し (苦手レベル:猫に掃除機レベル) 子供のころにおにぎりに入っていた時に 口にした途端、その場でリバース^^; それ以来どんなに…

「広く浅く」ではなにも身につかないのだよ~時には深さも必要さ~

「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」 流行語にもなったCMの名台詞である。 1980年CM 富士写真フイルム フジカラープリント お名前編 岸本加世子 樹木希林 ACCグランプリ 私は樹木希林さんは素敵な女優さんだと 思う。この方の美…

こんな経営者はいやだ~!【ほんとうにいたトンデモな経営者達】

以下、徒然と書いていく。 内容については「私の友人」からの証言を 元にしている。 友人曰く、「複数の経営者のオムニバス」 だそうな。。。 ・定時後に毎度武勇伝を話し始め、終電まで返してくれない経営者 しかも話の内容は完全に犯罪まがいのお話ばかり…

物事を行うのに必要なのは「自分目線」からの「他者目線」

人間失敗することは多かれ少なかれある。 そこからなにを学ぶかということでその後が変わる。 自分が本当にしたいことはなんなのか? 自分がしたくないことはなんなのか? 自分が得意なことはなんなのか? 自分が不得意なことはなんなのか? 同業他社はどん…

時間を守ることの重要さ~時は金であり、信用でもある~

私は時間にルーズなのがどうも苦手である。 先月から収録が始まったラジオ番組も30分という 枠の中での勝負。改めて「時間に収める」事の 大事さを思い知っている。。。 基本的に私の仕事は全て 「時間で区切られた技術力」 で対価をいただいているが、考え…

「東洋の叡智」を引き出したSNS投稿〜東京都在住A・Hさんの場合

「私はこれで右肩の痛みがなくなりました」 〜東京都在住A・Hさん【50歳・男性・太い系】 「いや~朝起きたらね。右肩から腕にかけてね~ ちょっと動かしただけで強烈な激痛が走りましてね~。 これは尋常じゃない!尋常じゃないって焦ったんですよ~。 っで…

コミュニケーション能力を磨くためとある事をやらない為に選んだお仕事

先週から平日は派遣社員としてITのお仕事をしている。 元々長年やってきたITのお仕事だけど、ちょっとでも ブランクがあると技術的な所で置いてけぼりを食らって しまうのが結構辛い。 それでも良くも悪くも業界に長くいたので 、技術の進歩 の早さについて…

その昔、ホテルで”お会い”した「白装束の方々」

たまには「納涼ネタ」でも書いておくか(笑) 私は20代の頃、いわいるCE(カスタマエンジニア)として 日本中を出張で廻っていた。 CEという仕事は、いわいるIT系の中でもっともカスタマー (お客様)に近いエンジニアという定義で、機器の設置や 保守点検・故障対…

名前で人は死なないよ~姓名判断で脅かすバカ占い師~

「この名前にしていると早死にするって言われました。」 そう言って改名した人の話を先日聞いた。 なんたることだろう。 名前で人は死なないですからーー; ちなみに私の行う熊崎式姓名判断だとその人の名前は むしろ改名前の方がリーダー運としてよい画数で…

人に教えることは自分も教えられることである

「動画編集?アドビプレミアぐらいは使えよ! レンダリング?するよ。当ったり前だろう! そら~時間かかるよ。当然だろう!? つまんない事ばっかり聞きやがって! ばっかじゃね~のか!」 あなたがもし、動画編集素人の人間に 「とりあえず使える動画編集…

「寝ないで死んだ奴はいない」の詭弁さにみる傲慢な元気への過信

実は先週の月曜から派遣ワーカーになった。 なので今の私は「週末占い師」なのである。 久しぶりに「私のもう一つの顔」で働いているが 以前と違うのは 「残業は基本やらない。」 ことと、もう一つは 「睡眠時間が以前よりも多くなった。」 ことである。 多…

「上の方から降りてきた言葉」でなんでも決める人って心に魂ちゃんとあるか?

これはとある知人のお話。 知人を仮に「Aさん」としておこう。 Aさんは、友人があるお茶会をやるというので行ってみた。 友人はお茶会にやってきた人達を労いながら 「上の方から降りてきた言葉」をお茶会の中で何度も 言ったそうな。。。 「あなたが集った…

名刺をすっきりさせ自己紹介を簡潔に済ませる最適な方法

自己紹介、私は元々超苦手であった。 自分の事を短時間にまとめて言う事に胃が痛くなる ほどに苦労していた。 特に1分間とかになったらパニックで、自己紹介 させられそうなセミナーは極力避けていたくらいだ。 名刺についても、とにかくできる限り情報を詰…

お客さんにガッカリさせない為の賢い休み方

よく「相性の悪い飲食店」ってのがある。 間違ったオーダーの品物が来る。 いまどきのご時世に「喫煙スペース」の方が席数が多い。 限定品でも人気メニューでもないのに、目当ての逸品が品切れ。。。 ま、これらはタイミングだったり「地域性」だったり店員…

裏紙をコピー機に再利用すると故障する~節約という大義に隠される嘘や非常識~

以下はちょっと昔のお話。。。 以前勤めていた会社で、定年間近の「銀行天下り」の 部長が朝礼で社員達に声高にこう言っていた。 「無駄は省かなくてはいけません! 一度使った紙をすぐに捨ててはいけません! 裏紙としてストックして再度コピー機にかけるの…

紋切り型占い師の功罪~救われない言葉をいうだけなら誰でも言えるという話~

「あんたの持つ「偏官」や辰巳空亡では占い師になれない。」 とか 「あんたは「木性」がないから、肝臓の病気で命失う。」 とか 「あんたと彼は別れられない。なぜなら腐れ縁だから。」 とか、しまいには 「彼と別れたいのであれば、ウン十万かかる。」 とか…

「アナタだけはいつもタダですよ」ということをするお店に未来はない

以前に飲食店に関わっていた知人が言った。 「タダってのは最後の手段なんだよ。」 例えば私は裸で笑いを取る芸人や芸風はあまり好きではない。 なぜなら「裸」はだれがなっても基本「笑い」が取れるからだ。 飲食店の「タダ」も、たとえ味がどうであっても…

その昔に「千の風」になった母への思い

今日は母の日である。 私の母は今から16年前に鬼籍に入った。 何年もパーキンソン氏病と戦い、最後は肺炎で この世を去った。 三姉妹の長女に生まれた母だったが、次女と三女が口が達者で 気が強かったのに比べ、母はいつも一歩引いて抑えていた ようだ。私…

視えようが聞こえようが予知できようが驕るな!という「動じない心」を表した易の言葉

「艮為山」という易の卦辞がある。 易の卦は基本的に下から読む。「ー ー」のように 間が空いているものを「陰」とし「ー」のように 間が空かずに一本線のものを「陽」とする。 「陰陽」は様々な表現があるが、 「」(艮)は自然の象意では「山」を意味し、家…

縁切り榎はオススメの「縁切りスポット」です

悪縁というのは中々切るのが難しいものである。 「悪い奴ほど笑って近づいて来る。」 というし、良縁だと思っていたら実は悪縁だったということは 結構ある。 そんなわけで前日にふと 「久しぶりに行ってこよう!」 と思い立ち、板橋本町にある「縁切り榎」…