読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。

「バカ」と言い合える関係は大事である。

人間、相手への本当の気持ちがわかる瞬間がある。 それは相手が亡くなった時である。 「死んじまってから気づいても意味ねーだろ!」 「もっと早く気がつけよ!」 うん、その通りだよ明智君。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 これは人間の永遠の「あるある…

22年前の今日に起きた事を思いかえしてみる

あの日はたしか平日だった。 飛び石だったことと、午前中に工事担任者の 試験を受けるために会社を休んでいた。 試験会場は日暮里と三河島の間にあった。 当時の私は赤羽が最寄り駅だったので電車一本で 日暮里に着き、試験会場には早めに着いていた。 勤め…

通勤路の可愛い「看板娘」の思い出

以下の文章は3年前の今日、某SNSに投稿した内容を リライトしたものです。 ---------------------------- 先々週の土曜日、急逝した元勤め先の同僚の告別式に 参加後、懐かしい場所に行ってみた。 そこには 「怒られ叱られ躍進…

昔見た白い獣の夢

我が家の埜愛(のあ)姫と一緒に暮らすようになって7年が経った。 日付が曖昧ではあるが、埜愛と出会う前に私は獣の夢を見ている。 ある日の夜、私は枕元に白い猫がいるのを感じた。 その時私は仰向けに寝ていたのだが、私と同じ位の顔の大きさの 白猫といつの…

落ち込んだ時に関わってはいけない方々の選び方

結論から言うと 「そんなの絶対的なセオリーなんてない。」 今の世の中、情報が錯綜しているし 「自称”コンサル”」やら「自称”カウンセラー”」 やらがいっぱいいる。 そうそう、友達かと思ったら「フレネミー」 なんて輩もいる。 だが人間誰でも「いつでも元…

「天使と悪魔」で破天荒な元同僚Aのお話

今から7、8年くらい前のお話。。。 私が当時在籍していたベンチャー企業の 同僚Aが、その日もふらっと職場を訪れた。 勤めていた小さな会社は社員は基本的に客先常駐 さらに私は会社が借りた分室の事務所にて 「いつも一人」で仕事をしている状態だった。 A…

重圧のかかる時こそ「当たって砕けろ」の精神で立ち向かえ~沢風大過 九二~

今日は易のお話。。。 一家の父と母が不在の中、留守番をしていた 少女と長女の家に嵐がやってきた。 嵐に対する備えと心構えを2人はまだ持っていない。 だが災いというものは、彼女達の準備を待ってはくれない。 彼女達にとって嵐を凌ぐことは華奢な体に背…

バカとハサミは使いよう、占いもツールも使い方次第

タイトルにしていることわざについて、改めて 調べてみました。 「切れないハサミでも、使い方によっては 何かの役に立つように、愚かな者でも上手に使えば 役に立つものだということから。能力のない者をばかにして言ったことばではなく 使う側の力量や能力…

人間やらなければならないことは逃げられない

私は「逃げる」ことは時には必要だと思っている。 よく「逃げたらあかん!」ということを声高に いう人が未だに著名な方にも見受けられる。 でもね、それは「ケースバイケース」だと思う。 自分で選べないことというのは色々ある。 例えば親類は自分では選べ…

ヒロイズムやあこがれをどう昇華するかはあなた次第です

昔、高倉健様主演の任侠映画を観た後 男の観客達はみな肩で風切るように歩きながら 映画館をあとにしたという。 そして仲間内で来た連中は、帰り道でお互いに 「健つぁん!」 と呼び合っては、睨みながら後ろを振り向く あのポーズをマネしていたという。 気…

ITに弱い&ネットで情報発信出来ない経営者や占術家は絶滅動物になるかもしれない

自らIT機器を使いこなし、さらにブログや SNSで情報を発信していかないと 今時の経営者や占術家は正直やっていけない。 湯水のようにお金がある人は 「全部人任せ」 でもいいのだろうが、そういう人は むしろ「人を動かす力」に注力された方が いいと思うし…

満腹感からの罠と「どっかの世界」からの「気づき」

今日は丸ノ内線の方南町駅近くまで「自転車の旅」 にてとある所に打合せに行ってきた。 我が家から方南町は電車で行くと微妙に面倒くさい。 というのも私が住んでいる東京都杉並区は縦系の 交通インフラがとにかく脆弱なのだ。 何の打合せで行ってきたのかは…

「仏の顔も三度まで」と見限られない為に気づくこと

自らを「運がいい」を思っている人が陥る ”考え”がある。 「私のやり方が正しいから運がいいんだ。」 はたしてそうだろうか? 実際はその人のやり方が間違っているから いつも同じ所で失敗したり、裏切られたり していないか? その時に誰か助けてくれても、…

なぜ私は癒やし系ではなく「こやし系」なのか

私は癒やし系は必要だと思う。 しかし、癒やしだけでは人は前に進めない時 もある。 人は苦しかった思い出や楽しかった思い出を 心にため込んでいても結局 「過去は生ゴミ」 なのだ。 生ゴミはただ取っておいてもいずれ臭くなる。 人は「臭い物には蓋」をす…

丁寧な表現でも受け入れられない人と汚い・拙い表現でも受け入れられる人の違い

同じ意味を伝える前提として丁寧な言葉遣いでもイラッとしたりむかつく相手と汚い・拙い言葉遣いでも素直に受け入れられる相手がいる。 前者は「慇懃無礼な人」と言われ、お堅い仕事の人達や 「人を管理する」事に重きを置いた人に見られる傾向。 きっと真面…

「ボクの悪いクセ」と本人が言っていることが本当に悪いとは限らない

人間のクセというのは中々治らない。 姓名判断や四柱推命を見ていると、つくづくそれが顕著に表れる。 もちろん私自身にもクセはあるし、性格の傾向も私なりには分かっている。 問題は 「一新したモデルチェンジ」 よりも 「マイナーチェンジ」を繰り返して…

優しさの真贋

人は追い詰められると、口当たりが優しい言葉や人にすがる。 「お金がない」 「よくわからないからなんとかしてほしい」 「傷ついた心を救って欲しい」 「仕事が辛い」 「好きなことを仕事にしていきたい」 「企画の相談に乗って欲しい」 「カレシ(カノジョ)…

人はみな「生きる事」の専門家である

血液型占いで「A型だから〇〇」「O型だから××」という 「判で押したような血液型占い」 や「天秤座だから遊び人」とか「双子座だから二重人格」 といった人格批判まがいの「12星座占い」が昭和の頃に確立されてしまった。 さらに「天中殺」とか「大殺界」と…

お幸せな二人にあやかろうとしたら、逆に 「腹ビリケン様」になったでござるの巻。

小山。。。およそ20数年ぶりに行ってきた。 私が前回やってきた時には「小山遊園地」がまだあった。。。 栃木かさこ塾のファイナルを観に行った。 実は東京以外の塾生のプレゼンを観に行くのは初めて。 今からおよそ1年前には私自身が逆の立場だったのだなと…

ネットワークビジネスで無くす物。。。

それは「友達」だったり「家族や親類」だったりするが、仕事絡みだと 「取引先」を無くすことになる。 どちらにしてもあらゆる「絆」をたたき壊してしまうのだ。 先日、私の仕事に関わりのある取引先に行ったら、その取引先は とあるネットワークビジネスに…

山と田園(五行のお話)

五行のお話、今回は「土性(戊・己)」のお話。 人間を含めた生き物は全て「土」に帰る。 季節でも「土用」というのは季節の変わり目を意味する。 これは四季の終わり=土の入れ替わりを意味するからであり この時期に作物を植えても上手く成長しないという意…

原石と宝石(五行の話)

たまには陰陽五行の話でもしようかな。。。 今日は「金性(庚・辛)」のお話。 原石(庚)は見た目は岩だったり石っころ。。。 基本的に削られて磨かれないと光ることはない。 しかし堅さとタフさと石の強さは原石(庚)であればこその力であり 元々「あたって砕け…

「本日営業中」にするのも「閉店休業」にするのもアンタ次第。。。

アンタが心を開かなければ相手も心を開かない(かもしれない) アンタが笑顔を見せなければ相手も笑顔を見せない(かもしれない) アンタが警戒すれば相手も警戒する(かもしれない)。。。 私は「合わせ鏡」理論は嫌いである。 なぜなら人の考え方や受け止め方、…

期限と当番を守らない人は社会のルールを守れない人

ここんとこ、何回か出くわしたことで改めて思った事。。。 個人で仕事をする上で、分かってはいてもやりがちな事がある。 それは 「期限を守らない。」「当番(シフト)をすっぽかす」 といったことである。 自身にプレッシャーをかけたり、仕事を詰め込むのは…

一週間に2回黒ネクタイを装着して思ったこと・・・

月曜日は親類の告別式、昨日は元同僚のお通夜に参列してきた。 一週間に立て続けに続いて、色々と思った。。。 親類の大叔母(母方の祖母の妹)は享年101歳。 大正生まれで昨年地元の市から100歳の長寿の表彰を受けていた。 大叔母が生まれた頃は第一次世界大…

中殺期のアリとキリギリス的過ごし方

四柱推命ではその人の空亡が年・月・日に訪れると 「中殺」という。ここでは特に年中殺の2年のことについて書く。 中殺に対して 「2年間じっとしていろ。出ないと怪我するぞ!病気になるぞ!」 とか 「2年間とにかく我慢しろ」 とか思考停止な紋切り型論法を…

イエデンを有効活用出来るWi-Fi&IP電話対応電話機

このご時世 「イエデンいらなくね?」 という人も多い。 多分、普段の生活においてはそれでも大丈夫だろう。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 固定電話の番号がないとまだまだ不便なことも多い。 特に自宅を会社にする人や、これから家を買う人で自己資金が…

覚悟を決めないと相手に見抜かれる(一部妄想有り)

その昔、田宮二郎様という役者さんがおられた。 彼は自信満々の会社社長やFBIのプロファイリングをマスターした エリート刑事、そして旧大蔵省のキヤリア官僚といった役どころを 演じた骨太の二枚目俳優だった。 今時のイケメンとは違ったワイルドさとニヒル…

エイプリルフールのことで文句言われて落ち込むなよ!

そもそもさ~、「四月バカ」なんだよ? バカ言ってナンボでしょ? 人に喜んでいただいてナンボでしょ? それにさ、どんな場合にだって怒る人もいるし、Disる人だっているのだ。 ダガシカシ!シカシダガシ!麩菓子は駄菓子!(もういいって) 世の中に発信する…

自分を「オレはダメな奴なんです。」という誰得な言葉

そもそも自分がダメかどうかは他者目線なんだし会社なら上司が 評価として決めること。 ネガティブな事に対する「自己評価」ほど無意味で誰得な事はない。 野生の世界なら、そんなこと言ってるそばから狩られてしまう。 個人事業だったらその言葉を発した時…

元請負社員Hさんシリーズ リターンズ

以前、アメーバの旧ブログにて時々書いていた「Hさん」シリーズ。 久しぶりにちょろっとだけ書いておきます。 最近のHさんは、なにやら肩書きが変わったようです。 どんな肩書きになったのかは、近日伝えるとHさんは言っております。 (どうやらまだ、伝えら…

3.11のロングウォーキング。。。

以下は2012年の今日、前年に起きた震災の時の状況を私なりに回顧した文を 某SNSに投稿したものである。 基本的に原文のままで転記する。 (一部原文では伏せ字だった所をあえて穴埋めした) 今でも忘れられない記憶。。。 -----------------…

折れたタバコでなくても嘘がわかるのよ~♪

嘘ってヤツは罪作りだ。 時には人を絶望や罠に落とし入れる。 でも時には人を安心させたり、人を立ち直らせたりする。 正直であることや、真実を伝えることが時には残酷である ことはよくある。 「嘘から出たまこと」「嘘も方便」 そんなことわざもあるけれ…

相手の「光と影」を見極めよ

「こんな人とは思わなかった」 っという言葉を聞いたり、又は自ら口にする 時がある。 でも実際その人は「そういう人」だったりするのだ。 人間必ず「心の光と影」がある。 社会ではそれらを仕事や生活の為にどちらか片方しか 見せない。大概は「光」の部分…

ネコの日に思った事。。。

我が家のベッドの角を爪研ぎで破壊している破壊神ならぬ 「(かわいい)破壊姫」。。。その名は埜愛(のあ) 我が家の箱入り猫になって6年目。。。 我が家に来た当初はカラーボックスの裏に隠れたり ホームシックで目を泣き腫らしたりしていたのに 翌日にはすで…

断捨離してて出てきたモノ。。。

確定申告の準備も終わったので、資料で散らかっていた部屋を少し片付けた。 資料も取捨選択しなければ玉石混淆な訳で、気がついたらゴミ箱が無駄な 印刷物でいっぱいになっていた。 頂いたパンフレットやセルフマガジン達をやっとリングファイルにまとめられ…

5ヶ月先の宿泊先が取れないの巻

6月25日(土)に福岡で行われるイベントに参加する為、航空機の早割の 予約を行った。 私が最後に国内線に乗った時にはLCCなんてモノは無かったし、早割も ・・・なかった。どんだけ前なんだよ^^; ん?あ、早割はあった(^^;でも出張の仕事なんてそんな何…