昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

「あなたの心の生ゴミをこやしに致します!」昭和歌謡とアニソン好きの「癒やし系ではなくこやし系」占星家のブログです。

人生

「時間泥棒」にならない・遭わない為の方法

平日はITヘルプデスク、休日と夜は占星家。 これらの仕事をしていると、人の話を聞くことが 「自身の仕事で欠かせないこと」 になる。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 時々、「残念だな」と思う人がいる。 それは 「人の話を最初から聞かない、またはずっと…

場所にハンディキャップがあるお店が生き残る方法

札幌のイベントが近くなってきたので 髪を切りに地元の美容室に行って来た。 半年前から行っていた所のスタイリストの 腕は良かったが、どうも 「崩したヘアースタイルにしたがるところ」 が私の思いと合わなかったのと、今回 一旦予約したが、日曜の夜に強…

勘のいい人はコワイという話…。

とある職場での技術職Hさんのお話。 エレベーターで同僚で営業職の女性Sさん (仮名)と一緒になったHさん。 Hさんと同年代(アラフォー)のその女性は 彼に唐突にこう聞いてきた。 「Aさんとは仲良くしてますか?」 ん?とHさんは思ったのだが 「ええ、まあ」 …

食べ物の恨みに対する反応の違い~文句いうのも計画的かつ戦略的なアプローチが必要~

先日、勤務先の同僚と珍しく一緒に昼食を とることになった。 「どこに行きましょうか?」 と言う同僚に 「あまり時間ないから〇〇屋はどう?」 と某チェーン店のお店を私が言うと 「そこはいやです!地元でいやな目にあったので」 と不快感をあらわにした表…

繰り返し行う事で学べる事~1分間自己紹介の大事さ~

人間、不得意なことは「訓練」である程度は 出来るようになります。 喋ることは苦手でも、訓練として繰り返し 場数を積んでいけば、時間を考えながらお話 することが一応出来るようになるモノです。 例え話が面白くても、例え声がイケボイスでも 「決められ…

好きなことを好きなまま続けられる時代~詰め込み&紋切り型な教え方の弊害~

今日は私がパーソナリティーのラジオ番組の 収録に行ってきた。 今回はギタリスト2名が収録メンバーに入っていて その内の一人がギター教室を開いている人だった。 プロデューサーが収録の合間に、昔ギターを覚える ことを挫折した話をし始めた。 彼と年代が…

2年前、私はダンサー?デビューした~きっかけをつかむことの大事さ~

人間は毎日色んな選択をしている。 2年前のあの時、なぜ私は率先して参加 したのか、未だに理由がよく分からない。 でも一つ覚えているのは 「楽しそうだったから」 ということ^^ 彼が東京にやってきて、なにやら 「プロモーションビデオを撮る」 という話…

失敗や犯罪をお酒のせいにするな~~

私が昔、新卒でつとめていた会社では毎日朝礼で 1人当番制でスピーチすることを命令されていた。 ブラックIT企業にありがちな 「さらしの刑」 である。 忙しい朝にこの朝礼のスピーチ後に上司が評論 するのであるが、もともと人気の無い上司 だったので部下…

いいものはいいと素直に認める心が必要ではないかい?

「歌はいいのに〇〇が~。。。」 「声はいいのに〇〇が~。。。」 「作品はいいのに〇〇が~。。。」 「演技はいいのに〇〇が~。。。」 「いいこと言うけど〇〇が~。。。」 。 。 。 人はよくこのパターンのフレーズをよく使う。 そもそもこの「〇〇」に入…

雨になるとドタキャンされた彼のお話

「ごめんなさい。。。急にお腹が痛くなって」 その女の言葉に、彼は 『やはりそうか。。。』 と確信し、彼女の全てのSNSアカウントを ブロックした。 平日がいいと言った彼女に合わせるために 彼は数少ない有休をとった。 以前も。。。その時も。。。 日々の…

「この人ならこう言いそう」が招く悲劇を繰り返さない方法

アントニオ猪木さんの 「なんだこのやろ〜」 というフレーズ。 実は本人は言ってないという。 同じくプロレスラーの 長州力さんも 「キレてないっすよ!」 とは言ってない。 (オリジナルは若干ニュアンスが 違うのはリアルにテレビで中継 見ていたので知って…

「あなたが選んだ〇〇なのよ」の無間自己責任呪縛。。。~不用意な言葉に立つフラグ~

人間、どんな人でも失敗はある。 だからこそ人は学べるのだと思う。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 そういう人が失敗して苦しんでいる ときに冷や水をかけるような言葉がある。 それは 「だってぇ~あなたが選んだ〇〇なのよ(ドヤッ」 である。 この言葉っ…

「進化」と「安定」はバランスよく~二極な世界にいる私に求められていること~

伝統って奴は厄介だ。 時代を止めることなんて出来ないのに 進化することをある意味拒絶して 「受け継いでいく」 のだから。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 本来伝統というのは進化していくことも 必要だと思うが、人間には「保身」が あるから「見直し」…

パソコンが調子悪かったら一旦全部抜け~鉄則を怠った報い~

日頃の思い込みという奴は厄介だ。 人間は「最適な判断」と「最速な判断」を時に 間違える。。。 我が家のデスクトップパソコン、つまり今 このブログを書いているPCは先日まで 「ある問題」 を抱えていた。。。 電源立ち上げてから数分で画面がフリーズし …

自分の体が急に動かなくなったらと思った一日

木曜日、職場の上司が夕方に 「突然体調が悪くなったので早退しますね」 といって帰った。 この上司、基本的に毎日帰るの遅いし よく徹夜もしている。 みんなそんな上司の状況を知っているので 「お大事に。。。」 としか言えない。。。 翌日、その上司は何…

パソコンを使えない若者たち~お手軽さに溺れることの功罪~

先日、勤務先の同年代の上司から 「最近の新入社員パソコン使ったことないんだって」 という嘆きを聞いた。 彼は新規営業も行う人なので、おそらく 社会人になった若者達の現在進行形の 問題なのだろう。 だがしかし、しかし駄菓子…。 昔の若者(つまり私達)…

「参加することに意義がある」という言葉は最初だけ~イベントでタブーを犯す出展者達~

よく誤解される言葉で 「参加することに意義がある」 という言葉がある。 これって決して 「参加してればどうにかなる」 というような楽観的な言葉ではないと 私は思うのだ。 例えばイベントに出始めると色んな 「お作法」がある事に気がつく。 ・小規模イベ…

後出し請求は商い以前の問題でアウトでこざる

いまどき海外の観光客狙いの 詐欺商売みたいなことをする 人がいるの? …って思うかもしれないが どうやらいるらしい…でござる。 そもそもこういう事をする輩は 「人の心のスキ」 に入り込んでくるからタチが悪い のでこざる。 人の弱みにつけ込むやり方自体…

個人事業主が覚悟しなければいけないこと

結論から言うと 「全ては自分の判断である」 ということである。 会社員はそもそも裁量は限られている。 なぜなら 「それが会社組織」 だからである。 身も蓋も無い言い方だけど あなたの裁量は会社の経営者が 決めるのだ。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 …

隣の女は私におののきながら訴えた~浅草の出会いの物語2~

「私もお願いしていいですか?」 隣にいた女性はそういった。 私は驚いた。彼女の声がアニメ声だったから。。。 「最初とっても怖かったんです。。。 困ったな~どうしようって。。。」 先日の浅草のイベントでテーブルをシェア していた彼女は、私の第一印…

その男は、とある女性を連れて私の元に戻ってきた。。。~浅草の出会いの物語~

イベントの辛いところはなんといっても 「午前中のお客さんが少ないこと」 である。 先日の日曜日のイベントもいつも通りだと 思っていた。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 開場から数分経って、私と同年代の男性が やってきて 「今から大丈夫ですか?」 と…

世の中「何事もない仕事」なんてない〜安定を安易に求めるといいことない〜

私はどうやら 「いつも同じように結果が決まっている」 事が苦手のようだ。 もちろん日々の生活はそれでは生きにくいし 物事全て着地点が違うのは当然ストレスである。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 いつも同じような顛末のドラマや映画ばっかりでは 「つ…

我が家の姫の〇〇線が破裂したお話~人の厚意には素直に感謝しよう~

朝、いつもと変わらず元気な 我が家の埜愛姫(三毛猫・もちのロン♀・8才) が私のそばに寄ってきた。 これもいつものように抱きかかえると 異様な光景に気づく。 「お尻から血が出てる( ̄O ̄;)」 爪を立てて嫌がる姫のお尻の穴周りを 申し訳無い思いの中見てみ…

ワルを自慢する輩にロクな奴はいない~こういう奴には気をつけろ~

「俺、昔はワルだったんだよ~」 昭和のオッサンが酒の席などでよく言う 「慣用句」である。 ま、実際悪かったかどうかなんて知らんし とりあえず聞き流している人も多いだろう。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 こういうオッサンがこのフレーズを言うとき…

人は色んな出会いと別れでつながっている~別れないと出会えない法則~

以前にも書いたが、私は我が家の三毛猫 「埜愛”姫”」(今年で8歳、♀) と出会うのに4人の人と関わっている。 1人目:チューブちゃんの飼い主であった 中古タイヤ店の店主 happycome-hogetsu.hateblo.jp 店主とは一度も話すことはなかったが 彼のおかげで三毛猫…

「若造だから」「オッサンオバサンだから」。。。物事を安易に「年齢」でくくってはいけないよ

「若造だから」物事をちゃんとやらなくても 許されるのか? 「オッサンオバサンだから」伸びしろがないと 見限るのか? そういう観念的なことを言う人はいまだにいる。 私も先日、友人Aからそういうことをいう オッサンに関わり、すごく気分が悪くなった 。…

自分のトリセツを作る事のオススメ~自分がやっていることをマニュアル化出来ない人は損だよ~

自分が今までやってきたことをマニュアル化 できない(またはしない)という人はいる。 特に職人気質の方はそういう人が今でも多い。 「教わるんじゃ無くて盗むんだよ!」 というセリフは職人の世界ではいまだに 「伝承」のごとく発せられてるのかもしれない。…

私がスピ系を名乗らない理由~「まぜるな危険」の肩書に注意~

名乗ったら「嘘八百野鳥」だからである。 以前にも書いたが、タロットのことを 「スピリチュアルタロット」 というキャッチをウリにしていた人が 実際は古くさい表現とメソッドによる 「昭和のお説教タロット占い」 だったり、むか~し埼玉のとある イベント…

ほうげつあきよしの仕事歴~余談たっぷり~

ちょっと思い立ったので書いてみる。 外資系保険会社のチラシポスティング作業 生協のチラシポスティング作業 高校生の頃は人と話すのが怖かったので 基本的に一軒一軒家やマンションを廻っての 「ビラ配り」をしていた。おかげで足腰が 鍛えられたし、土地…

嘘は信頼損失の始まり~取引先と裏で握手する営業社員には気をつけろ~

最近身近な所でとんでもない虚言癖のお方が いたらしいので、私も以前に関わった 「嘘つき野郎共」のお話をしよう。 そもそも嘘つきはある意味「信頼泥棒」だ。 泥棒は被害者を不幸にするから許せない。 昔、とある”ちょっとアダルトなITシステム” を開発・…