読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。

3.11のロングウォーキング。。。

以下は2012年の今日、前年に起きた震災の時の状況を私なりに回顧した文を

SNSに投稿したものである。

基本的に原文のままで転記する。
(一部原文では伏せ字だった所をあえて穴埋めした)
今でも忘れられない記憶。。。 
------------------------------------
当時の事を時系列でまとめてみた。 
 
・15時~16時、docomoSoftbankは全く通じず。でもなぜかウィルコムは普通に
つながり震災直後に一番最初に電話がつながった相手は妹だった。。。 
 
・私は仕事でいつもの某横浜北部の勤務先、妹は友人と上野に遊びに行っていた時
だった。 
その後、妹は奇跡的に電車の乗り継ぎがうまくいき、深夜ではあったがその日中に
帰宅出来た。 
 
・私は勤務先および付近一帯が停電、独り身だったらおそらく勤務先に泊まっていた
と思う。 
でも埜愛の事がとにかく心配で、東横線の復旧の見込みも無いことからまず東京都内
まで歩くことを決断。(勤務先が横浜駅近辺だったら多分あきらめていた。。。) 
 
・17時、勤務先を出発する直前に、役員3名に立て続けに連絡がとれた。 
(ただし発信はウィルコムから) 
役員Aは渋谷、役員Bは帰宅途中、社長は。。。
本社で崩れ落ちた書類・書籍・プリンタの復旧に テンパリすぎて笑い転げていた
(・・・この場合壊れていたとも言う) 
 
・帰りの道は綱島通り~環八通りとシンプルだが、距離は結構ある。。。
正直チャリが欲しかった。 
・途中通ったコジマ電気では電池式の携帯充電器を配布していた。 
宿泊代金をつり上げたどこぞのホテルとは大違いである。 
・ちなみに横浜北部一帯は停電だったが、川崎市内に入ると電気が供給されていた。 
信号機が停電していた大通りの交差点で、警官が手旗で交通整理をしていた。 
おそらくリアルに見たのは初めてだった。 
 
・19時頃、途中でtwitterに通過地点をつぶやきながら、何とか日没直後に東京都に
たどり着く。 
・休憩していた田園調布の警察署でテレビ放送が流されていた。それを見た瞬間、言葉を失った。 
 
・その後は世田谷区を横断していたが、途中お屋敷のような家の塀が崩れかかって
いたり私と同じ”帰宅難民”達に何度か道を尋ねられたりと、「非日常的な事」が
歩いて行くうちに起きた。 
 
・20時頃、体がかなりしんどくなっていた。途中休憩がありつつも歩き続けて3時間
お腹がすいているというより、体が冷えて動かなくなってきていた。 
環八通りは元々飲食店が少ない事は分かっていたのでこの状況でも営業している
ファミレスがあったらすぐに入ろうと思っていた。 
 
・そして尾山台に入った時に「ロイホ」が営業していた。オアシスを見つけたかのごとく駆け込んだ。 
・あの時なぜか普段食べない「サーロインステーキ」を食べた。多分本能的に肉を
欲していたんだと思う。今、あの店に行ったら、多分あの時のことを思い出して
泣くかもしれない。。。 
 
・21時頃、瀬田の交差点にあるセブンイレブンに着いたとき、大阪の友人から電話が入った。その日初めてiPhoneに着信した電話だった。 
普段気づかない友人の優しさに気づき、不安と疲れと寒さで閉塞寸前だった私の
気持ちは少し回復した。 
 
・余震&他の帰宅者と”逆方向”で渡る瀬田の交差点の歩道橋も辛かったが、一番
辛かったのは用賀にある東京インターの長い歩道橋を渡る事を余儀なくされたこと。 
高所恐怖症の私にとってはこれがかなり辛かった。。。 
 
・23時頃、砧公園を抜け、成城警察署で休憩。都内に住む友人と連絡をとれた。
(ここでの発信はウィルコム
どうやら都内の友人達も帰宅難民がかなりいたらしい。
(横浜から歩いた人はいなかったが^^;) 
 
・署内は徐々に交通が復旧していたからか、歩いて帰宅している人は殆どいなかった。 
そういえば東京インターを越えたあたりから歩いている人があまりいなくなった。 
心細くなった私は、だんだん緊張感から出ていたアドレナリンが切れ、疲労感が
のしかかってくるのを感じた。 
 
・それでもなんとか杉並区に入り、翌日午前一時に帰宅。結局7時間歩いていた。 
埜愛にご飯を上げたあと、しばし呆然としつつそのまま就寝。。。
というより落ちた。。。 
 
う~~ん、一年前の記憶なのに今でもかなり覚えている。 
 
1.17(阪神淡路大震災)、9.11(同時多発テロ)。。。そして3.11。。。 
 
私に出来ることは大したことではないが、自分が経験し実践した事を伝えることで
「生きる」という 
事を表現できたらと思っている。
 
【追記】
環八を歩いている途中「吊り橋理論」で「愛」が芽生えていたらしい、どこぞの
会社の先輩男子と後輩女子の2人連れや、不倫中に帰宅困難になりファミレスで
険悪な雰囲気になっていたカップル等、色んな「人間模様」を見たことも
付け加えておきます。。。
------------------------------------
 あの極限状態でも、マンウォッチングは欠かさなかった私。。。
なんというか。。。であるーー;
 
ちなみに私は阪神淡路大震災も当日に”出張”に行ったので、宿泊先で余震を感じ
ながら、この状況でも仕事に行かせる「ブラック企業」に怒りを感じてました。
もちろん寝られませんでした。。。
 
因みに、3.11の頃は小さかった「埜愛」も、今では

f:id:happycome_hogetsu:20160311235423j:plain

 すっかり大きくなりました(=^ェ^=)
 
 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております)

旧らいふくどうブログ(2016年1月まで投稿していたブログです)