読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。

一週間に2回黒ネクタイを装着して思ったこと・・・

人生

月曜日は親類の告別式、昨日は元同僚のお通夜に参列してきた。

 

一週間に立て続けに続いて、色々と思った。。。

 

親類の大叔母(母方の祖母の妹)は享年101歳。

大正生まれで昨年地元の市から100歳の長寿の表彰を受けていた。

大叔母が生まれた頃は第一次世界大戦のさなかであり、その後関東大震災

そして第二次世界大戦と世界的に激動の時代を若年期に過ごした。

今思えば、生前色々とお話できていたらとも思った。

 

私が子供の頃から大叔母は性格的に「ちょっときつい人」ということもあって

ほとんど面識がなかった。だがしかし、後に母親が一時期大叔母の家に

下宿していたということを聞き、私は不義理であったことを後悔している。

もっとも生前の母親がその話を私にしていた記憶がなく、後に従姉から話を

聞いたのだけど。。。

 

元同僚については突然の訃報だった。

享年44歳。一週間前の通勤帰りに駅のホームで倒れ、そのまま息を引き取った

とのことだった。

正直言って今でも信じられない思いである。

豪快さと無鉄砲さと破天荒さが特徴で、且つ頭がキレる人だったことから

学生時代からの友人は

「中々死なないヤツだと思ったのに。。。」

と、彼の訃報を知った時に絶句していた。。。

しかもその友人には、数カ月前に故人から連絡があり

「また一緒に仕事出来るかもしれない。」

と言われていたのだという。

その話は二度と叶うことは無くなってしまったが。。。

私自身も故人とは6年近く一緒に仕事をしていた。

職場こそ離れていたが、彼の仕事の仕方については色々と学ぶ事が

多かった。言動や行動はどうあれ、故人はなぜか人の心や仕事の知恵を

補完していく不思議な人だった。。。

 

生き物にとって「死」というのは避けられない。

むしろ「死」に向かって生きていると言ったほうがいい位だ。

 

「死を想え」

という言葉が、こういう時にズシリとくる。。。

 

 f:id:happycome_hogetsu:20160519202752j:plain

引出物でいただいた白子のりセット。伊東四朗さんのCMを思い出す。。。

 

 

【告知】

5/29(日)にCST飯田橋にて行われる「かさこ塾フェスタ」では

終活をテーマにしたセミナーも開催されます。

詳しくは、過去記事をご参照ください。 

happycome-hogetsu.hateblo.jp

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております)

旧らいふくどうブログ(2016年1月まで投稿していたブログです)