昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。ITの事も時々書きます。

「本日営業中」にするのも「閉店休業」にするのもアンタ次第。。。

アンタが心を開かなければ相手も心を開かない(かもしれない)

 

アンタが笑顔を見せなければ相手も笑顔を見せない(かもしれない)

 

アンタが警戒すれば相手も警戒する(かもしれない)。。。

 

私は「合わせ鏡」理論は嫌いである。

なぜなら人の考え方や受け止め方、発信の仕方なんて

「人それぞれ」

なんだから。

だから、(かもしれない)なのだ。

 

なんでもかんでも「自分発信」して「俺が!私が!」って

やれば結果が得られるという教えなんて「洗脳」だ。

 

人間にはそもそも「相性」というのがある。

 

相性というのは「お互いの生きてきた”過去”とのマッチング」

から来るモノだと思うので、事実はどうあれ

「どっちかが正しい・間違っている」

「どっちかがいい・悪い」

という次元で言う事自体がナンセンスだ。(あくまで私見)

 

問題は「相性の悪い人がいる」ことを「自分がやる・やらない」の判断に

することだと思う。

そもそも人がなにかを始めると言うことは、多かれ少なかれ

リスクと影響は出る。

物事の意思決定に「自分の目的」や「自分の意思」を重視しない人は

 

「働いている」→「働かされている」

「やっている」→「やらされている」

 

という感覚に慣れてしまっている人だろうと考える。

 

ならば、「~されている。」という考えを

 

「自分は生かされている。」

 

という気持ち一本にして、あとは「~ている。」に置き換えればいい。

つまり、「相性の悪い(苦手な)相手の為に生きている。」という気持ちを

「自身の目的達成の為に生かされている」

と置き換えればいいのだ。

 

どう生きればいいかという以前に、この辺の考え方さえ変えれば

「いらぬ被害者意識」

はなくなる。

 

心を「本日営業中」にすれば、人は声をかけてくる。

逆に心を「閉店休業」にしてしまえば、誰も声をかけようがない。。。

結局「アンタ次第」なんだよ。

 

ん?誰に「生かされている」のかって?

 

そんなの知るかよ!

 

そんなのグーグル先生で調べてもでてこね~ぞ!

もっとも、そんな事を聞けるって時点で。。。

 

アンタは大丈夫^^

 

f:id:happycome_hogetsu:20160713235302j:plain

埜愛姫「オマエ、まあた偉そうなことほざいているニャ」

・・・あ、また猫嫁が怒ってる(滝汗

 

  

【告知】

・平日鑑定始めました!

ご希望の方は公式サイトの鑑定メニューをご確認頂き、下記鑑定予約フォームにて

お申し込み願います。

www.happycome.jp

 

・次回のかさこ塾フェスタお試し東洋占星術鑑定は9/3(土)大分中津で行います。

事前予約枠決まり次第、こちらにて特設フォームの告知をさせていただきます!

 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします。)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに。)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております。)