昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。ITの事も時々書きます。

「肝心な事」を表記しない飲食店って入りにくい

例えばあなたが見知らぬ場所で一人で

昼食をとるとしよう。

その時にどういった判断で店を選ぶだろう。

 

先日私が体験した事を書いてみる。。。

微妙に待ち合わせに早く着いた某田舎の駅。

駅前にあるのはベンチとコンビニとカフェ。

それ以外の飲食店はインターネットで調べると

歩いて片道10分以上はかかる。

季節は梅雨時で天候は曇り、暑さはそれほどでも

無いが湿度が高い。

待ち合わせの時間まで約1時間。片道10分以上

かかる飲食店に行ってもゆっくりは出来ない。

そんな中

 

選択A)ジメジメした外のベンチでコンビニフードを食べる

選択B)見知らぬカフェに入る

 

という2択だったら、普通はクーラーの効いたカフェに

迷わず入るだろう。

(キャンドル体質の私なら本来そうする)

 

だがしかし、しかし駄菓子。。。

そのカフェが「怪しい気配」を発していたら。。。

選択肢はもはや「選択A)」しかないのだ。

そもそも「2Fの店舗」という時点で、一見さんが寄るには

ハンディがあるしチェーン店ではない個人店だと

味についての「予定調和」自体がない。

(良くも悪くも「どこでも味は一緒」というのがチェーン店)

そして一番怪しいと思ったのは

看板や店の1Fの入口にしつこく表記されている

「ランチメニュー」

にどこにも肝心な値段が書いていないこと。

しかも「コーヒー」や「紅茶」といった単品の飲み物の

価格は明記しているのに、不自然にランチメニューの値段が

なぜかどこにも書かれていない。

ランチメニュー自体の説明は店主のこだわりがわかるような

「文字数が多い」いわいる”くどい”内容で書かれているのに。。。

ってかそこまでこだわっていて、日替わりでもないのに

なんで「値段」が書かれていないのか?

 

たしかに駅前の状況を考えると

「外食の選択肢が無い」

状況ではある。だからといって、こういう

「人の足下を見た商売」

って私は好きになれない。

こういう「砂漠で高額の水を売る商人」に近い感覚は

すごく苦手だ。

 

結局、人気の少ない田舎駅なので駅前のコンビニで

サンドイッチを買いベンチで食べることにした。

これが炎天下だったら判断は違っていたかもしれないが。。。

 

後で、このカフェの事を調べてみた。

そしたら食べ〇グに載っていた。

ランチメニューは1,500~2,000円らしい。野菜等の食材に

こだわりを持っているのがウリなようであるが、別に

隠し立てするような値段でもないと思う。

安くはないけど、観光地の食堂だったら平気でこのくらいには

なるし、駅前ということを上手く利用すれば、値段を隠すなんて

ことしなくても客は来ると思う。

 

地元の人のレビューがこんな事を書いていた。

「美味しいけどコスパが微妙、地元じゃなかったら次は来ない。。。」

 

なるほど。。。だから「値段を書かない」訳ね。。。

ちなみに私と同じ「ベンチ飯」していた人が、同じ時間に

何人かいたことを付け加えておく。。。

 

ps.あえて値段を表記しない飲食店もあるけど、そういうお店は

基本的に一般ピーポーを相手にしていない商売だから成立

するのだよ明智君。。。

 

  

【告知】

・9/3(土)大分中津かさこ塾フェスタでの「お試し東洋占星術鑑定」の事前予約を

受け付けております。

予約ご希望の方は、以下の特設予約フォームよりエントリーください^^

www.happycome.jp

平日の総合鑑定始めました!

ご希望の方は公式サイトの鑑定メニューをご確認頂き、下記鑑定予約フォームにて

お申し込み願います。

www.happycome.jp

 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします。)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに。)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております。)