昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。ITの事も時々書きます。

「鹿男あをによし」にみる「人狼ゲーム」的な楽しみ

万城目学さんのベストセラー小説をドラマ化した

鹿男あをによし

という作品がある。

www.fujitv.co.jp 

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

 

 ※この頃のフジテレビは面白いドラマ作っていたんだけどな。。。あ、独り言。。。

内容は日本の神々にちなんだファンタジーコメディ。

 

このドラマには、神々の使い(鹿・キツネ・ネズミ)達から

「隠密なミッション」を授かってしまった人間達の当惑と

自我のせめぎ合いがポイントになっている。

彼らからすれば

「聞いてないよ~!」

って事なのだが、ミッションは回避できない。

なぜならそこから先の「結末」は

「ニッポンの究極の選択」

だからなのだ。

主人公は数少ないヒントを手がかりに、自分と同じ

”ミッション”を授かってしまった人間達を推理しながら

途中挫折と誤解を繰り返し、神々の使いからの重責を

担っていく。

 

ちなみに原作では主人公をサポートする「人間」である

「藤原君」は男であるが、ドラマでは女性になっている。

賛否両論あるかもしれないが、ドラマ的なバランスと

サイドストーリーという観点から考えると、この変更は

私は有りだと思う。

 

基本的にはミステリー物。。。だと思うのだがドラマ

全体の空気がぬるめなので、ハラハラ感は・・・ない。

いっけん凡庸に陥りがちなストーリーを曲者な脇役達が

いい味を出していて楽しめる作品でもある。

個人的には篠井英介さんとキムラ緑子さんの役どころ

が好きだが、なんといっても教頭役の児玉清さんの

立ち回りや台詞回しが完全に

「アタック25」

の司会の時と一緒だったのは、もはや「狙い」だったの

ではないかと思う位である。

 

さてこのドラマの楽しみ方であるが、主人公が

「日本語を喋る鹿」

から荒唐無稽なミッションを押しつけられ仰せつかり

さらに自分と同じくミッションを行う同士を見つけて

いくわけだが、この時の”やや神経質”な主人公が

ミッション遂行の為に「キツネの使い番」と

「ネズミからの邪魔者」を探すくだりが「人狼ゲーム」

の「会議」と似ているのだ。

 

主人公と彼の同士はゲームマスターとも言える

「鹿」からは「お互いの役割」は伝えられていない。

ちょっと違うのは「鹿」は他の神の化身である

「キツネ」や「ネズミ」とはつながっているが

お互いにどの人間に役割を与えたのかは伝えていない。

そういう意味ではゲームマスターが「3人」いるような

ものである。

つまり主人公だけでなく「使い番」や「邪魔者」達も

みなお互いのミッションを遂行する為には、少ない

情報から自力でそれぞれの「役割を持った人間達」を

見つけなければいけないのである。

 

だがしかし、しかし駄菓子。。。

 

基本的に殆どの人々は「市民」である。

しかもこのドラマの登場人物はみな曲者揃いなので

「邪魔者」候補はいっぱいいる。

そして主人公自体は「鹿の運び番」であるが、さらに

もう一人鹿からミッションを仰せつかった

「鹿の使い番」

がいることを当初は知らない。。。

 

人狼ゲームにおいても、人狼同士はお互いを知っているが

市民や役付き(占い師、霊媒師、騎士)、そして「裏切り者」

達は自分以外の人々の”属性”を知らない。

 

そういう意味では、人狼ゲームの「会議」は

ドラマで繰り広げられる「日常生活」となる。

ちなみにこの作品では藤原という重要な役どころの

「市民」がいるが、彼女(原作では彼)の人狼ゲームの

役どころは「霊媒師」や「騎士」に近いかもしれない。

 

また、美術教師の福原はやたら勘が鋭く、さらに色々と

探りを入れる所が「占い師」に近い。

 

だがしかし、しかし駄菓子。。。

 

このお話には「人狼」のキャラはいない。

更に「追放」も「襲撃」もない。

あ、でも主人公はストーリー中何度か「市民」に

”追放”されていたわ^^;

 

当初、ドラマを見ていた時から思っていたのだが

みな曲者だが、基本的に登場人物はみな「ヒツジ」

なのだ。もっとも学校教諭という時点で「狼キャラ」

だと、途端に「悪魔の法典」の世界になってしまう。。。

 

そういう意味では、「狼キャラ」はストーリー上は

直接出てこない「神々が抑えつけている大ナマズ

かもしれない。

そういう意味では、途中からネズミを裏切る

「ネズミの使い番」が結果的に「狼=大ナマズ」を

覚醒させてしまいかねない行動をとってしまう所は

「裏切り者」かもしれない。

  

ドラマの要素として

「秘密」「荒唐無稽」「日常の中の非日常」

は重要(特にコメディでは)

更に「人狼ゲーム」にあるような推理とミステリーの

要素がはいれば「鉄板作品」である。

最近メインストーリーとサブストーリーが旨く

回っている日本のドラマが少ないのが残念だけど

この作品はその点も良い。

 

このドラマ、本放送時は視聴率が良くなかったらしいが

近年、「良作品」として見直されているらしい。

機会があれば是非ご鑑賞を^^

 

  

 【告知①】

東京23区内及び近郊での対面鑑定及びSkypeでの四柱推命

対面鑑定、命名・命名アドバイスご希望の方は公式サイトの

鑑定メニューをご確認頂き、下記鑑定予約フォームにて

お申し込み願います。

また、地方での鑑定会及びセミナー開催等のお問い合わせ

についても、こちらよりご連絡いただきますようお願いいたします。

www.happycome.jp

【告知②】

ココナラで易タロットのリーディングサービスを

出品しております。よろしければ是非お試し下さい。

coconala.com

coconala.com

新メニューで「姓名判断命名アドバイス」も加えました。

coconala.com

 【告知③】

私のセルフマガジン

「ほうげつあきよし取扱説明書」

F:ID:happycome_hogetsu:20160520213713p:平野

を無料郵送させていただいております。

[A5サイズ・カラー16ページ]

公式サイトお問い合わせフォームにて

「セルフマガジン送付依頼」

をご選択いただき、相談内容欄に

「送付先住所・氏名・部数」

をご記載いただいた上でお申し込みいただき

ますようお願い致しますm(__)m 

 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

らいふくどうフェイスブックページ(お気軽に「いいね!」してください。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします。)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに。)