昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。ITの事も時々書きます。

ゾンビもの大嫌いな私でもお気に入りのゾンビが出てくる映画「ゾンビ・コップ」

基本的にゾンビものの映画は好きではない。

なぜなら「ゾンビ」って設定自体が「ご都合主義」の産物だからだ。

 

ある意味「死んでいるのに生きてる」ってもはや何でもありの世界でしょ(汗

 

あと、基本的にゾンビものってバッドエンドが多いのも苦手な理由である。

 

そんな中でも、私が大好きなゾンビもの映画が一つある。 

ゾンビ・コップ[Blu-ray]

ゾンビ・コップ[Blu-ray]

 

 いわいる「刑事モノ」のベーシックスタイルである「コンビ物」であり

あぶない刑事」「相棒」と同じく、事件はしっかり解決するが上司には

「目の上のタンコブ」

扱いされている「不良刑事コンビ」のお話。

 

違うのは事件の犯人達がゾンビであり、更に主人公の彼らもやがて。。。

(以下ネタバレの為自粛)

 

この映画、ネット上でも評判がいい。

ストーリーの強引さや各シーンで「え?それって。。。」と思う突っ込み所は

いっぱいあるけど、それらをまるっとガバッとするっとカバーして仕舞うくらい

展開が面白い。

ゾンビ物って主人公達が追い詰められるシーンが多いのも私が好きでは無い

要因だけども、この作品は主人公二人のぶっとんだジョークとアクションの連発で

ホラー映画特有の陰気さを払拭している。

正直言って、ラストはハッピーエンドとは言えないし結構描写もグロイシーンが

多いけど、何回か見ていると慣れてしまう。特に中華料理店でのバトルシーンは

食材の鶏や豚がある事から”蘇生”するのだが、主人公達が真剣に戦えば戦う程

笑えてしまうのだ。

 

作品自体は1988年と30年弱前の作品だけど、ブルーレイ版が出ているって事は

今でも人気があるのだね。

やっぱ私は洋画も「昭和もの」&「刑事モノ」が大好きということで^^

 

 

【告知】

9/3(土)大分中津かさこ塾フェスタでの「お試し東洋占星術鑑定」の事前予約を

受け付けております。

予約ご希望の方は、以下の特設予約フォームよりエントリーください^^

www.happycome.jp

平日の総合鑑定始めました!

ご希望の方は公式サイトの鑑定メニューをご確認頂き、下記鑑定予約フォームにて

お申し込み願います。

www.happycome.jp

 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします。)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに。)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております。)