昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

「あなたの心の生ゴミをこやしに致します!」昭和歌謡とアニソン好きの「癒やし系ではなくこやし系」占星家のブログです。

昭和ネタ

樹木希林さんはお名前もすごかった~恐縮ながらお名前見させていただきました~

先日お亡くなりになった樹木希林さん。私の中で忘れられない女優さんになりました。www.huffingtonpost.jp matome.naver.jp私は亡くなった方の四柱推命は見ても話題にはいたしません。(大昔の著名人は話題にする時はあります)でも今回は彼女の芸名がちょっと…

同年代の人の死に色々と考える~みんな小市民で、少しばかりクズな等身大キャラを描いた方を偲んで~

さくらももこさんが亡くなった。 年齢は私の一つ上。 ほぼ同じく「昭和の後期世代」であった。 同年代の私にとっては、彼女の描いていた 「ちびまるこちゃん」の世界は 当然ドンピシャ。アイドルは山口百恵さん そして”スター”にしきのあきらさんといった 方…

東京ではもはや希少種、大阪ではいっぱい存在するもの。。。

ずばり、大手チェーンではない 「昭和の喫茶店」 である。 例えばこのコメダのクリームソーダ。 毎度毎度、この土台から崩れ落ちそうな ソフトクリームを急いで食べるのが醍醐味 ではある。。。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 昭和の喫茶店好きからすれば…

2年前、私はダンサー?デビューした~きっかけをつかむことの大事さ~

人間は毎日色んな選択をしている。 2年前のあの時、なぜ私は率先して参加 したのか、未だに理由がよく分からない。 でも一つ覚えているのは 「楽しそうだったから」 ということ^^ 彼が東京にやってきて、なにやら 「プロモーションビデオを撮る」 という話…

筆もじストふたたび。。。~本日はハッピーカムラジオ放送日です~

世間は全開でございます・・・花粉症が^^; 私も目や鼻がとてもむずむずしております。。。 若い頃は平気だったのに歳をとるにつれて(以下自粛 というわけで、そんなむずがゆさを吹っ飛ばす(?) ハッピーカムラジオの本日のゲストは 先週に引き続き「筆も…

最近イッてなくて、ちょっとたまっていて飢えていること。。。

最近中々イク事が出来なかったのよ。 もうね~欲求不満だったわけですよ。 SNSで女子達が太いモノを握りながら キャピキャピしながらおっきな声だして いるであろう姿が映っていると。。。 もうね~裏山恣意、もとい羨ましい事 この上なかったわけですよ。。…

羽田空港にて思ったこと~昔「大空港」という刑事ドラマがあった話~

2年ぶりに福岡に出張。 JALの幹線なので搭乗口からダイレクトに乗れる。 羽田空港に早めに来たので、外がよく見える 待合席に座ってみた。 ん?この光景が似合う刑事ドラマといったら 「大空港」ではないか^^ ※注意!以下昭和トークが続きます(笑) 今時…

昭和の刑事ドラマの無茶苦茶っぷりを堪能出来る秀作~「非情のライセンス」の魅力(占いもちょっとあるよ)~

CSの「東映チャンネル」でついに 「非情のライセンス」第1シリーズが放映開始された。 今回観た第1話と第2話。 まさに子供の頃夜更かしした時に観ていた 「東映特有の”後味悪い昭和の情念たっぷり”の刑事モノ」 が展開されている。 数年後に放送開始された特…

地球外ミュージシャン再び来襲!今回も生演奏で征服活動~本日はハッピーカムラジオ放送日です~

もう年末ですよ~。今年もあと数日です^^; ハッピーカムラジオ本年最後の放送となります。 慌ただしい年末でありますが、今回大阪から 地球征服を企む地球外ミュージシャンのK星人さん がゲストとして出演されます。 ameblo.jp 今回も生演奏あります。 演…

今回は「文楽の語り手」と音楽夜話~本日は「ハッピーカムラジオ」放送の日です。

12月も間もなく折り返しであります。。。 今年もあと半月ちょっとと思うと 「長いようで短い一年」と感じる時期になりました。 本日のハッピーカムラジオは先週に引き続き 「文楽の語り手」天野光さんの登場です。 profile.ameba.jp 今回は前回に引き続き文…

歌舞伎町の昭和なスナックでカラオケ三昧した土曜の午後・・・

私は大のカラオケ好きである。 だがしかし、しかし駄菓子。。。 私の歌うジャンルは「昭和歌謡と古いアニソン」 なのだ。 よって私の辞書、もといレパートリーに 「J-pop」とか「いまどきの歌」はない^^; たまに最近の歌も唱うが、基本的に昭和歌謡や 昔…

私がツボにハマった雑誌「昭和40年男」

ちょっと前に劇画原作の「20世紀少年」という映画が 大ヒットしたが、私にとってあのお話はリアル年代には 「ちょっと古い」 のだ^^;昭和30年代生まれの人はドンピシャかも。。。 そんな私にとって今回はかなりドンピシャな雑誌を見つけた。 www.s40otoko…

来月は番組中に地球外ミュージシャンの征服声明?が放送されます(動画付)~ハッピーカムラジオ12月分収録終了~

「ほうげつあきよしのハッピーカムラジオ」 来月分の収録、”無事”終了致しました^^ 今回「地球外ミュージシャン K星人」に番組を ”征服”されてしまいましたが、彼は番組に一足早く 「素敵なクリスマスプレゼント」を与えてくれました。 なんと番組中に生演…

「龍三と七人の子分たち」に見る「北野武」と「ビートたけし」の融合

私は映画監督としての「北野武」さんも お笑い芸人としての「ビートたけし」さんも どちらも大好きである。 でもこの「二つの顔」はこれまで映画の 世界では融合することはなかった。 「HANABI」「アウトレイジ」「ソナチネ」 といったバイオレンスものでも…

好きを仕事にしたい人に是非見て欲しい映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

ふとCATVを見ていたら放映していた映画。 RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2010/10/14 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 67回 この商品を含むブログ (35件) を見る あらすじは。。。 大手家電メーカーの経営企画室長で役員…

高崎の回転展望レストランの思い出

先日群馬県の高崎に久しぶりに行ったときに 「ん?なんか気になるな。」 と思い、思わず写真を撮ったビル。 撮ったら益々気になったので、ビルの近くまで行って再度撮影。 最上階の丸いフロアはなんだろう? 会議室にしてはお金かけ過ぎているな~と思い、疑…

10代の頃に経験した「あるプレゼン」

私は元々歌は苦手だった。 正直言って「黒歴史の十代」の頃は、人前で話すのも いやだったし、元々体が「規格外」だったことが とてもコンプレックスだったので、キャラ的には 「泣いた赤鬼」の赤鬼みたいなヤツだった。 (性格は赤鬼よりも歪んでいたが。。…

白スーツとグラサンで昭和歌謡を歌った新年会のお話

土曜日に友人に白スーツをお借りして、かさこ塾の 新年会に出演者として参加致しました^^ とりあえず出オチのショットをいくつか。。。 撮影者:町野健様 撮影者:加藤彰様 撮影者:平原美津代様 そして、ビデオカメラで動画も撮り、youtubeに アップ済で…

ラジオ番組の収録に行ってきました。

人との繋がりを大事にしていて良かったと思うのは 新しいことに挑戦できる時です。 今回、そんな繋がりの中で某ミニFM局の番組に 出演をさせて頂きました。 私は前々からラジオ番組への出演をしたかったの ですが、今回その望みがかなった訳です^^ 私の名…

歴代の総理大臣の姓名判断をやってみた

今回は歴代の総理大臣の方々の何人かを見てみましょう。 吉(6)田(5)茂(11)(霊数1) 総格:22 天格:11 人格:16 地格:12 外格:7 五行:木ー土ー木 総格22画は、元々「ナンバー2」の立場に立ちやすく 上下の人間関係を取り持つ「良くも悪くも板挟み」 の人…

丁寧な表現でも受け入れられない人と汚い・拙い表現でも受け入れられる人の違い

同じ意味を伝える前提として丁寧な言葉遣いでもイラッとしたりむかつく相手と汚い・拙い言葉遣いでも素直に受け入れられる相手がいる。 前者は「慇懃無礼な人」と言われ、お堅い仕事の人達や 「人を管理する」事に重きを置いた人に見られる傾向。 きっと真面…

ゾンビもの大嫌いな私でもお気に入りのゾンビが出てくる映画「ゾンビ・コップ」

基本的にゾンビものの映画は好きではない。 なぜなら「ゾンビ」って設定自体が「ご都合主義」の産物だからだ。 ある意味「死んでいるのに生きてる」ってもはや何でもありの世界でしょ(汗 あと、基本的にゾンビものってバッドエンドが多いのも苦手な理由であ…

覚悟を決めないと相手に見抜かれる(一部妄想有り)

その昔、田宮二郎様という役者さんがおられた。 彼は自信満々の会社社長やFBIのプロファイリングをマスターした エリート刑事、そして旧大蔵省のキヤリア官僚といった役どころを 演じた骨太の二枚目俳優だった。 今時のイケメンとは違ったワイルドさとニヒル…

折れたタバコでなくても嘘がわかるのよ~♪

嘘ってヤツは罪作りだ。 時には人を絶望や罠に落とし入れる。 でも時には人を安心させたり、人を立ち直らせたりする。 正直であることや、真実を伝えることが時には残酷である ことはよくある。 「嘘から出たまこと」「嘘も方便」 そんなことわざもあるけれ…

You!昭和歌謡がいっつも流れるラーメン屋にしちゃいなYO!

金曜日に何の気なしに入った開業したてのラーメン屋。 カウンターのみのオープンキッチンな店構えはおそらく 以前あったラーメン店を居抜きで借りたのだろう。 店自体は駅から10分位歩き、駅からのメインストリートが 狭い上、さらに狭い脇道に入るという 「…

昭和の映画やドラマが臨場感バリバリな作品が多い理由

結論からいうと 「やり直しをするのに今よりもお金がかかるから。」 「昔の監督や大御所俳優は尋常でない厳しい態度で仕事をしていたから。」 ということではないかと私の独断と偏見で思う訳で。。。 旧ブログでも触れていた平幹二朗様主演版の「不毛地帯」…

我が心の永遠のスターシリーズ。。。

今日は昭和ネタです。 私の永遠のスターは色んな方々がおりますが、そんな中でもダントツなのは この方です。 もう、20代前半から「松田優作様」は私の中では 「心の中の終身最高位トップスター」 です。 ※ちなみに写真のDVDマガジンは現在購読中のヤツです…