昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

「あなたの心の生ゴミをこやしに致します!」昭和歌謡とアニソン好きの「癒やし系ではなくこやし系」占星家のブログです。会社員やOLの方々の味方です。

ダブルワーク

5時起き出勤の終わり~早朝仕事をして分かった事~

職場が引っ越ししてすぐ始まった週2回の 「朝8時出勤」 私の場合、諸般の事情から朝8時に出勤するには朝5時起きになる。 駄菓子菓子。。。 私の就寝時間は変わらない。なぜなら23時からFBメッセのやりとりが多くなることと、基本的に「夜型人間」だからであ…

イベント準備で困っていること。。。

私は毎回、イベント前におつり用のお金を準備している。 その為イベントが近づくと、勤務先近くのMyメインバンクに昼休みに立寄り、両替機にて2万円分の千円札を用意する。 駄菓子菓子。。。 今の勤務先、徒歩圏内に銀行が。。。無いorz それでも今はテレワ…

時は金なり、時は信頼なり。。。

私の平日の仕事は勤務時間が決まっています。これは会社との契約によるものであり、会社は取引先とやはり対応時間という形で契約しています。 つまり「時は金なり」なのです。 ※もちろん時間内の仕事内容も当然大事ですが。。。 だからといって、ケガや病気…

ネットワークのお仕事とネットワークビジネスは違います~双方の「違い」についてサクッと解説します

・始めに 「ネットワークのお仕事」 は昔は工事担任者試験とか国家資格を合格しないと「モグリ」と言われていた敷居高めのITのお仕事です。今でこそLANとか資格が無くても構築出来るお仕事になりましたが、若い頃無資格だった私は肩身がとても狭かったです。…

テレワークの今後がきまったお話

いつ終わるかわからない。。。さらにクレーム入ったら即中止。。。 駄菓子菓子。。。 テレワークは継続になりました。 基本的に週2日は勤務先に出社するルールで。 駄菓子菓子。。。 出社時は結構過酷なミッションをこなすこととなりました。そして、前述の…

誰でも出来る事とそうでないことをまぜると危険~IT業界も占星家もバランスがポイント~

ダブルワークをしていると 「運営」 という点において色々違いがあるのだなとつくづく思う。 私が勤める「IT系企業」は基本的に 「人手不足」 である。 駄菓子菓子。。。 これは単純な人手不足という問題では無い。。。 IT系企業には色々な職種がある。そん…

セルフマガジンのすすめ~いろんな形を冊子にまとめる面白さ~

私のセールスツールとして欠かせない存在。 それはなんといっても 「セルフマガジン」 である。 先日浜松のかさこ塾再受講の際にも配布させていただいたが、反応が良いときはとても嬉しい^^ 以前にも書いたかもしれないが、私のセルフマガジンは 「塾で覚…

歳月を得るほど減っていく物。。。~日本人が気にする「数字」~

それは。。。 「就職先」と「結婚」 である。 私も色々あり、数年前に派遣社員の会社から仕事先を斡旋していただいた。IT業界の経験自体は多いので、それなりに派遣営業からはお声をいただく。だがしかし、毎回時間を掛けられては断られる。酷いときには、自…

パラレルキャリアの夏の楽しみ~8月はイベント出展お休み致します~

撮影:ひの和江 8月はイベント出展はお休み致しますが、平日のお仕事はカレンダー通りご出勤です。 商人の方の定番である「ニッパチの法則」から8月はイベントが少ないようです。ビッグサイトでは「癒しフェア」が開催されますが。。。私にはご縁が無いよう…

「会社員はすぐにやめるな」の言葉で始まった講座~パラレルキャリア講座発起人として思った事~

私と同じ「勤め人」のかさこ塾生2人と「発起人」としてかさこさんを招聘したパラレルキャリア講座が終了した。今回招聘するきっかけとなったのは深夜のFacebookライブでのやりとりだったと思う。 私が今回の講座をかさこ塾生メンバー達となぜ発起人として招…

副業禁止の会社は時代遅れになるかも?~MLMや怪しいビジネスに陥らないために大事なこと~

人の生き方というのは一度決めると中々そのスタイルを変えられない人が多い。 そしてそれは「真面目」「一本気」な人ほどそうなりやすい。 駄菓子菓子。。。おそらくそういう生き方は今後立ち行かなくなっていく可能性が高い。 日本のトップ企業のトヨタの社…

「ライフとライス」はとりあえず別に分ける生き方を選んだお話

近代文化に生きる人間にとって、勤労は 「生きていくための手段のひとつ」 である。 社会人になるということは、まさに 「なんらかの形で社会に貢献する」 という意味を持っていると思う。 な~んて偉そうな事を言っている私であるが、20~30代のころは 「働…

私がアマチュア占いを10年していた理由

一言で言うと 「プロでやっていく自信がなかったから」 です。 アマチュア鑑定を始めたのはIT業界で 「最初の転職」 をした頃でした。 この頃の私は、ほぼ毎日終電まで働きいちおう管理職ではありましたが、自身の仕事はワンオペで自身は全く携わっていない…