読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡とアニソン好きの占星家ほうげつあきよしのブログ

昭和歌謡と昔のアニソンと邦画と刑事ドラマをこよなく愛する「こやし系」占星家兼天珠アクセサリー作家が色々書いているブログです。

人間やらなければならないことは逃げられない

f:id:happycome_hogetsu:20161230073026j:plain

私は「逃げる」ことは時には必要だと思っている。

よく「逃げたらあかん!」ということを声高に

いう人が未だに著名な方にも見受けられる。

 

でもね、それは「ケースバイケース」だと思う。

自分で選べないことというのは色々ある。

例えば親類は自分では選べない。

また社会での人間関係も組織が絡むと自分の好み

や相性だけでは選べない。

 

その上で、自身が「生きる事」を前提に考えたら

「逃げないと生きて行けない」

という選択はあると思う。

その為に親類や組織から離れることになっても

それは攻められることでは無い。

少なくとも私は攻めないし、そもそも

「やらなくていいこと」「背負わなくていいこと」

は逃げた方がいいに決まってる。

 

だがしかし、しかし駄菓子。。。

 

人間は生きて行く上で

「どうしても逃げられないこと」 

 ってあるのだよ。

 

特に自分が踏み出した事を続けていく上では

「やらなければならない事」

は必ず出てくるのだ。

 

ロールプレイングゲームをやっている人なら

分かると思うが、目的を達成する為には

避けて通れない道は必ずある。

また、組んだパートナーによって自身の

責任やリスクというのは変わってくるものだ。

その場合も「逃げ」はあくまで

「無駄な事をしない為」

の「手段」であったり

「全滅を避ける為」

の「一時撤退」だったりする。

でも、目的を達成する以上は必ず

「前に進んでいく」しか方法はない。

その為に「経験値」を稼いだり

「アイテムの装備」をしたり

町の人から「情報」を得たりしながら

待ち受けているボスキャラといつかは戦って

行かなければならない 。

 

会社の社長になれば、色んな責任なり義務が

発生する。経営者というのは従業員を雇う時点で

「他人の人生を預かる立場」

になるのだ。

それは社長の職に就いている限りは逃げられない。

「契約」に感情も浪花節も意味をなさない。

会社が社会的問題を起こしたり赤字になったら

社長が謝ったり責任を取るのは当たり前である。

しかも社長になると、簡単には逃げられない。

零細企業や個人商店だったら

社長(事業主)の行動・決断=意思決定

なのだし、社長が雲隠れしたり決断を怠った時点で

会社自体が「危険水域」に入る。

 

易の卦に「地火明夷」というのがある。

これは日没、つまり真っ暗闇の状態を表している。

また「地雷復」という卦がある。

こちらは「一陽来復」なので、陽がまた昇り始めた

状態を表している。

世の中は陰陽表裏一体であり、ずっと陽が出ている事も

無ければ、真っ暗な夜がずっと続くことも無い。

経営者になる人は、従業員の生活を安定させる為にも

世の中の様々な「昼と夜」「光と影」を見極めなければ

ならない。それは逃げている人には無理である。

だからこそ「勤め人が嫌で逃げで起業する

なんてもっての外だし、人の人生背負う資格がない。

 

結婚することも、他人同士が「契約」をして

様々な事を共有・共存していくという上での

「お互いの責任や義務」

が多々発生する。

「そんなのいやだ!」

と言う人は、元々結婚という意味をよく考えた方が

いいかもしれないし、お互いのパワーバランスに

元から歪みがあるのでは無いかとも思う。

もっとも夫婦というのは

「割れ鍋に綴じ蓋」

という諺にあるように、お互いの欠けた面を

補い合うということで成り立っているという

意味を持っているのであるが。。。

  

易の「風火家人」という卦は、夫と妻が互いに

協力することによって家庭を守るという卦であり

「問題が起こったときにこそ家族が結束すべき」

という意味を持っている。

今の世の中は「カオス」といってもいい状態だと思う。

こういう世の中で家族を作る事は大変なのだ。

嫌なことは嫌でもいいのだ。

でも家庭は「好きな事」だけではまわらない。

特に子供にとって、幼少期の「社会」というのは

親そのものであり、親に養われている間は

「親の様々なフィルターを通した社会」

で生活していくことになるのだから。

そして厄介な事に、親が逃げてきた事は結構

子供にその報いが廻ってきてしまうことがある。

それでも親を反面教師としてたくましく育っていく

子供はまだ大丈夫(ワルになる率は高いけど^^;)

でもそうでないと。。。もはや皆まで言わない。。。

 

ちなみに。。。

私の両親はほぼ毎日喧嘩が絶えなかったし、かなり

バイオレンスな事も多々あった。

父親は何度も大病で倒れ、仕事も転々としたが

それでも体が動く限りは必死で働いた。

母親は父親の暴力に震えながらも、収入の安定しない

父親を共働きで支えた。

(結局借金は焦げ付いてしまったが。。。)

そして長年のストレスから難病に罹り、父親

看取った数年後に亡くなった。

私は両親に対して、ここでは書けない色々な事情も

あって複雑な思いは今でもある。

だけど、貧乏な実家を必死で支えていた両親の姿こそ

まさに「風火家人」を実践していたのではないかと

思う。

そういう意味では両親には感謝している。

(でもマジで色々あったけどね。。。^^;) 

 

 

 

【告知①】

鑑定ご希望の方は公式サイトの鑑定メニュー

ご確認頂き、下記鑑定予約フォームにて

お申し込み願います。

※オンラインミーティング鑑定を追加致しました。

また、お問い合わせの方もこちらよりご連絡

いただきますようお願いいたします。

www.happycome.jp

 

【告知②】

初のセルフマガジン

「ほうげつあきよし取扱説明書」

f:id:happycome_hogetsu:20160520213713p:plain

を無料郵送させていただいております。

公式サイトお問い合わせフォームにて

「セルフマガジン送付依頼」

をご選択いただき、相談内容欄に

「送付先住所・氏名・部数」

をご記載いただいた上でお申し込みいただき

ますようお願い致しますm(__)m


【CM】 占いはほうげつ 男性Vo女性Co編

 

ほうげつあきよしフェイスブック(友達申請は基本受け付けます。)

らいふくどうフェイスブックページ(お気軽に「いいね!」してください。)

ほうげつあきよしツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします。)

らいふくどう公式サイト(鑑定依頼・お問い合わせはこちらに。)

占いリレーブログ(私が管理人&毎週土曜日の担当しております。)